AoEモバイル日記 その1

クリックで最新日付けにジャンプ

公式サイト

2024年02月27日
 何気にこれAoEシリーズ新作なんだよな。

 まだゲーム性の全容が見えてこないけど、自分はアクション性をなるべく排除した1v1の対戦型ストラテジーをやり込んでみたくてAoMの頃から20年も待ったけど適したゲームタイトルや対戦環境が与えられなかった。もしくは探し出すことができなかった。
 だからRTSの方をずっとプレイしていくことになったけど、これは別に渋々とではなく、マルチタスクのアクションは頭脳に依拠する部分が多いということで納得していた。またRTSでしか味わえない数多く。

 その望みがある程度は叶うかもしれないのと、クラロワに続く立ち位置を築けるんではと(なおクラロワについてよく知りませんが)、だんだんと注目せねばと思うようになってきた。AoEシリーズの方がゲームの歴史やネームバリューも強いし。

 だけどモバイルデバイスなんかでプレイしたくないんだよな。だからCivilizatio Revolution 2⤴も自然とスルーしてしまった。待ち望んでいたタイトルだったのに自分にはプレイできるまともな環境がなかった。

 近年ではPCでモバイルアプリを動作できる環境が整いつつあるのかもしれず、まずここに期待したいと思っていたのが、
 Google Play Games⤴という公式なサイトで、だけどまだAoEモバイルのタイトルは含まれてなかった。最近、クラロワ⤴がここでプレイできるようになって、いつかプレイする機会があるかもと。

 AoEモバイルは、すでに存在するAoEライクなモバイルタイトルを一掃して、やっと本物が登場してその地位を樹立する記念すべき第一歩なのかも。AoEっぽいパチモンが広告によく出てくると聞いた話。

 ゲームプレイをある程度は見せてくれるトレーラーからゲーム性を少し予想できるけど、やっぱりこれアクション操作はあるんだろうか。細かい操作ではなく指示するだけのタイミング頭脳アクションとなるのか。

 モバイルタイトルであれば、今の日本でも、再びAoEシリーズが流行する未来があるのかも!?


AoE4日記から抜粋

02/29 PCゲーマーの受難

 モバイルデバイスなんかでプレイしたくないし、性能高いハードも所有していない。

 だったらPC上でモバイルタイトルをプレイすればいいことだけど、まだそんなに条件が恵まれておらず、

Ⅰ.何か問題がありそうな非公式のモバイルOSエミュレーターの使用。

Ⅱ.Windows11搭載PCであれば公式に利用可能。

 Win10は来年の2025年10月にサポート終了して実質使えなくなるのだし、だったら今の内に買い替えたりPC換装させる良い都合にもなっている。

 しかし個人的には、期限ギリギリまでWin10を使いたいのと(理由は割愛)、体調不良がまだよく回復できず(もしくは一生治らない)このときに動きを取るのは負担が大きく、やり込むか確定してないしその可能性も高くないもののために(プレイ環境整備の)準備を頑張ってそれが無駄になる悲しいリスクもある。

 だ・か・ら、Google Play Games⤴でプレイできるようになれば万事解決となるのだけど、リリース前にここへの登場が待ち望まれる。


03/01 リリースへのロードマップ

 プレイできる可能性のあるベータテストは4月から。

 それまでに何かしておいた方がいいことを考えたり探したりしていこう。

 もちろんそのことは日記に記していく。

  ベータ状態でGoogle Play Games⤴に登場させることは考えづらいとみて、やはり他のプレイ環境を先行して準備しておいた方がいいかな。


EW 日本 蔵Ⅱステイブーム

作成中の記事

・EW 日本 蔵Ⅱステイブーム (2024/01/31~/S6+)

 主な活用場所は、

弓槍オーダー 対モンゴル
騎乗兵武士オーダー 対イングランド

 まずはこの2つの通常の軍出しオーダーを。

 弓槍オーダーの手順。

 初期2斥候で羊回収や探索に偵察、(相手文明によっては先建て自陣塔を防衛ポイントに建設)、TCの農民予約生産を2人キャンセル、進化費用が貯まったら蔵の歴史的建造物を農民6人で建設(あとで伐採に移す)、進化中から、木を切る2倍テクの林業、戦士育成所を建設、槍兵生産まわし、蔵Ⅱ領主進化、射手育成所を2つ建設(2人ずつで建設したい)、和弓足軽2小屋まわし、伐採テク、食料採集テク竹細工(なお帝国戦争モードでは第一段階トワラは有効済みになってる)、採掘テク、近接攻撃力+1の多々良テク、食料採集人員が13名に達したらTCからの農民生産は伐採に充てていく、槍兵がたまってきたら軍アップグレード、農家を建てていく、木材および伐採人員が充分なら採掘に3人追加して合計8人、織物テク、射撃攻撃力+1、近接装甲+1、射撃装甲+1、近接攻撃力+1テク、必要なら攻囲工学テク、それらテクノロジーを入れ終えたら採掘人員を少し減らしても、石材が貯まったらTC強化テクの大名の荘園、和弓兵旗本の生産、

選択肢)兵舎増設して軍出し増量 or TC増設ブーム移行 or 城主Ⅲ進化

兵舎増設して軍出し増量
例えば騎兵育成所を建設、追加の騎乗兵生産まわし、食料採集に4人追加して合計17人(騎乗兵生産分のため)
もしくは武士の追加にするなら戦士育成所にして食料4人採掘1~2人追加

TC増設ブーム移行
内政に配慮したい及びTC増設ブームへの準備を始めるなら、木材および伐採人員が充分なら採石に6人追加して合計7人、

(汎用手順から調整中02/12)
さらに内政拡張するなら
、市場を2つ建設して交易ブーム追加、600石材が貯まったらTC強化テク大名屋敷にグレードアップ2段階目、旗本各種の生産、石材が貯まったら増設TCも強化テクを入れていく、天然の食料資源がなくなってくる頃で強化TC周辺で畑作移行(大名の畑オーラ有)、

、、、まだ領主Ⅱステイを継続して戦っていくなら追加の兵舎を建設、それに伴い軍生産代の資源採集人員を追加、旗本の生産も上限まで追加したい、

、、、Ⅲ進化を意識したら食料採集と採掘に人員を追加する、、、頃合いⅢ進化費用が貯まったら浮遊門の歴史的建造物を農民8人で建設、Ⅲ進化中から採掘と採石に多く人員を追加していく、浮遊門Ⅲ城主進化、軍隊のベテラン化、神主で浮遊門の依代(よりしろ)を対象施設に納めていく(TC or 兵舎 or 資源集積所に)、

(状況に応じてしたいこと)
資源採集テクと鍛冶場テク2段階
神社を建設して神主で聖遺物回収や聖地支配
攻城兵器工房を建設して
スプリンガルド弩砲 or 投石機の適宜生産
戦略ポイントに拠点を建設していく
必要ならTC強化テク3段階まで
兵舎の増設